平成30年7月豪雨 広島市での活動

SeRV広島・福山・島根・北九州

SeRV広島は7月11日、先遣隊の事前調査 (※) から、ボランティアへの物資支援を行いました。
安芸中野駅前で活動するボランティアのために用意したアイス250本を自治会長へお渡しいたしました。

翌12日も飲料水をお渡しする予定でしたが、交通事情により活動に間に合わず13日に再度、安芸中野駅前に出動して120本の飲料水をお渡しできました。
14日は市社会福祉協議会の依頼で安芸区災害ボランティアセンター、同センターの畑賀サテライトの立ち上げ・運営に関する打合せに参加、その後山王地区の個人宅に支援に向かいました。頂いたニーズは泥の掻き出し、汚れてしまった家財や畳の持ち出しでしたが、被災地域は土砂や岩の流入が多く、家のドアが開けられないことがあり、岩や石の撤去に作業時間の大半が費やされました。
16日以降はニーズに応じて救援物資の買い出し・お渡しや山王地区での継続した泥の掻き出し等の清掃活動、安芸区ボランティアセンター中野サテライトでマッチングやオリエンテーションなどのセンター支援を行っています。
17日は安芸区ボランティアセンターへ50万円の活動支援金をお渡しいたしました。
8月以降はSeRV島根、北九州も合流し、中野サテライトでのセンター支援や山王地区での清掃活動を行いました。また同月7日には東広島市社会福祉協議会へ、活動支援金をお渡ししました。

またSeRV広島は、同市南区の広島市総合福祉センターにて「西日本豪雨災害支援ひろしまネットワーク会議」に出席、必要な支援について参加者と情報共有を行っています。

SeRV福山も7月12日に活動を開始、その後もニーズを伺いながら活動しています。以後の活動については以下の記事をご覧ください。
参照:平成30年7月豪雨 広島県三原市での活動

※ 参考: 平成30年7月豪雨 先遣隊の活動

20180721_serv_hiroshima.jpg

活動データ

活動期間 2018年7月11日~8月12日 (22日)
出動地・支部 広島県広島市 SeRV広島・福山・島根・北九州
活動内容 情報収集、物資支援

中国での活動

もっと見る


ページの先頭へ戻る