平成30年7月豪雨 先遣隊の活動

SeRV、SeRVあいち・岐阜・広島・岡山・愛媛

平成30年7月豪雨により犠牲となられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
SeRV本部 (立川) は各地でのボランティアセンター開設を受け、先遣隊がニーズ調査を開始しています。

◆広島市広島市
7月9日、広島市で行われた広島災害ボランティア活動連絡調整会議に参加、同市社会福祉協議会より安芸区の支援要請を受けました。翌10日は、被災地域を現地視察し、「冷たいものを頂けるとありがたい」というニーズがあり、更に翌日の11日から現地ボランティアへアイスを提供する事に決まりました。詳細は以下の記事をご覧ください。
参照:平成30年7月豪雨 広島市での活動

◆岐阜県関市
7月11日にはSeRVあいち・岐阜が関市ボランティアセンターへ出動してニーズを伺い、活動の体制について検討。特に同市上之保村でのニーズがあることから、12日からは上之保ボランティアセンターへ出動しています。詳細は以下の記事をご覧ください。
参照:平成30年7月豪雨 岐阜県関市での活動

◆岡山県岡山市・笠岡市
SeRV本部とSeRV岡山は7月9日、特に被害が大きい岡山市東区平島、同市北区花尻、笠岡市など現地視察を行いました。当日夕刻には岡山市にて社会福祉協議会、NPO等が参加する被災状況共有連絡会議にSeRVも参加。翌日10日も避難所の訪問など被災地域の情報収集を行っています。その後の活動については以下の記事をご覧ください。
参照:平成30年7月豪雨 岡山県での活動

◆愛媛県大洲市・西予市
SeRV愛媛は7月13日より大洲市、西予市で活動を開始しました。
詳しくは以下の記事をご覧ください。
参照:平成30年7月豪雨 愛媛県での活動

活動データ

活動期間 2018年7月9日~11日 (3日)
ボランティア人数 のべ11人 (SeRV本部・広島5人、SeRVあいち・岐阜4人、SeRV岡山2人)
出動地・支部 岐阜県関市、広島県広島市 SeRV、SeRVあいち・岐阜・広島・岡山・愛媛
活動内容 ニーズ調査・情報収集

中部での活動

もっと見る


ページの先頭へ戻る