平成30年7月豪雨 岐阜県での活動

SeRVあいち・岐阜

SeRVあいち・岐阜は合同で、先遣隊の事前調査 (※) から7月12日より、岐阜県関市上之保村で活動を開始しました。

上之保ボランティアセンターのニーズから、木材加工業やプレスを行う工場内の泥の書き出し、高圧洗浄機による洗浄などを実施しました。
翌13日は2チームに分かれ、上之保村の名倉地区、川合地区から100世帯以上に聞き取り調査を実施、被災者宅の泥だしを2件行いました。
14日は同市内の上之保ボランティアセンター・武儀ボランティアセンターに伺い、今後の活動についてニーズを調査しました。加えて同日夕刻、同市社会福祉協議会で行われた防災対策会議に出席しました。
15日は関市社会福祉協議会へ伺い、活動支援金をお渡ししました。
16日以降は田んぼや家屋の床下に溜まった泥の掻き出し作業など24日まで行いました。
8月7日には岐阜県知事や関市市長より、ボランティアについて御礼をいただきました。

また8月29日に再度のニーズ調査へ上之保村、富野地区へ出動、30日には広島市安芸区 (※) にも出動しています。


※ 参考:
平成30年7月豪雨 先遣隊の活動
平成30年7月豪雨 広島市での活動

20180712_serv_aichi_gihu.jpg

活動データ

活動期間 2018年7月12日~8月30日 (10日)
ボランティア人数 のべ108人
出動地・支部 岐阜県関市 SeRVあいち・岐阜
活動内容 泥の掻き出し、高圧洗浄等

中部での活動

もっと見る


ページの先頭へ戻る