レポート

熊本地震 (2016年)
緊急支援 復興支援 活動履歴

熊本地震 (2016年)
広域のSeRVが集結 & ボランティアセンター サテライトの運営

2016年4月14日、熊本県熊本地方でM6.5の地震(前震)、16日にはM7.3の地震(本震)が発生し、熊本県⻄原村と益城町で震度7を観測。熊本市、益城町、阿蘇市等に甚大な被害が発生しました。
緊急事態を受け救援活動が求められるなか、SeRVは対策本部を設置。SeRV熊本をはじめとし、九州各地のSeRV、さらに九州地域以外からのSeRVによる支援活動が行われました。
4月の発災から8月までに、真如苑救援ボランティアSeRVとして87件の活動、約790人が支援活動 に参加しました。その後も、2017年12月までに約330人が復興支援にあたりました。

支援内容九州地図
  • SeRV熊本

    ボランティアセンターサテライトの運営、炊き出し

  • SeRV福岡

    物資支援、西原村ボランティアセンターで農業ボランティア

  • SeRV久留米

    西原村ボランティアセンターで農業ボランティア

  • SeRV佐賀

    西原村ボランティアセンターで農業ボランティア

  • SeRV大分

    物資支援、清掃活動、炊き出し

  • SeRV長崎

    軽トラックの貸与

  • SeRV宮崎

    初期段階でメッセージと共に物資支援、炊き出し

  • SeRV鹿児島

    物資支援、炊き出し、西原村ボランティアセンターで農業ボランティア。仮設住宅でサロン活動(お茶っこ、足湯)

  • SeRV京都

    清掃活動などの一般ボランティア(京都市社会福祉協議会主催のボランティアバスに参加)

  • 活動件数(2016年4月〜8月)

    物資支援 瓦礫撤去・清掃活動 炊き出し 団体ボランティア 農業ボランティア サテライト運営など その他(ボランティアバス・交通整理・バザー)
    4月 22件 13 2 3 1   2 1
    5月 38件   1 3   1 31 2
    6月 24件 1   2 2 2 16 1
    7月 2件         2    
    8月 1件         1    
  • 活動人数(2016年4月〜8月)

    活動人数(2016年4月〜8月)グラフ

緊急支援

物資支援

物資支援  写真

4月14日の地震直後より、熊本市東区の真如苑熊本支部(以下、熊本支部)の施設を避難所として近隣住⺠に開放。備蓄していた水や食料、毛布などを提供しました。発災から約10日間は、おもに物資支援に注力。九州各地区のSeRVが熊本支部へ物資を届けるほか、阿蘇市役所、由布市役所、阿蘇市中通小学校といった避難所などにも物資を提供しました。

ボランティアセンターサテライトを設置・運営

ボランティアセンターサテライトを設置・運営 写真

熊本市からの要請を受けて、4月30日より熊本支部駐車場の敷地の一部(駐車場100台分)を、熊本市災害ボランティアセンターサテライト(以下、東区サテライト)として開設しました。社会福祉協議会や一般ボランティアの方々とともに、SeRV熊本はサテライトの運営を担当。全国から訪れるボランティア団体や個人ボランティアの方々は、このサテライトを経由して支援活動を行いました。このボランティアセンターサテライトは6月28日まで設置され、7月以降は熊本市動植物園の施設内に移転しました。

炊き出し

炊き出し 写真

4月21日からは炊き出しを行いました。 SeRV鹿児島は熊本市災害ボランティアセンターや東区サテライト、避難所となった益城町の小学校や公民館、SeRV大分は小学校などで炊き出しを行い、SeRV熊本は熊本支部に避難されている方々へ炊き出しを行いました。

義援金の支援

義援金の支援 写真

5月6日に真如苑苑主・伊藤真聰が、犠牲者の方々に祈りを捧げたのち、県内各所を訪問し、以下のとおり義援金や寄付金などをお渡ししました。
・熊本県庁で県知事に面会(義援金・寄付金)
・熊本市役所で市長に面会(義援金・寄付金)
・熊本市社会福祉協議会局長に面会(支援金)

ほか、支援活動

ほか、支援活動 写真

SeRV福岡は西原村で農業ボランティアや避難所清掃・喫茶サロンを行いました。また、SeRV鹿児島は西原村の山林で椎茸原木の復旧作業を行い、SeRV大分は南阿蘇にて家屋の片付け・清掃活動を行いました。

復興支援

仮設住宅での足湯&お茶っこサロン

足湯ボランティア 写真
足湯ボランティア
お茶っこサロン 写真
お茶っこサロン

熊本市社会福祉協議会より「仮設住宅に入居されている方々の見守りや心のケアを重視したい」との要請を受け、SeRV鹿児島は2016年12月より熊本市南区の南田尻・平原仮設住宅集会所にて「足湯ボランティア」と「お茶っこサロン」を行いました。 2017年12月までの1年間、毎月開催されたサロン活動。回数を重ねていくなかで、季節に応じた企画や筆書き教室、楽器演奏なども併せて行い、子どもたちやお年寄りも参加できる、和やかな語らいの場となりました。
※ SeRV鹿児島は今回の活動により、2017年12月、ボランティア功労者に対する「厚生労働大臣表彰」を受賞

活動履歴

  • 4月15日 熊本地震発生に伴い、真如苑の応現院事務局内に対策本部設置
  • 4月17日 熊本支部に被災市⺠約50名が避難
  • 4月17日 SeRV本部から先遣隊が現地に向けて出発
  • 4月18日 SeRV鹿児島が熊本支部へ物資提供
  • 4月18日 SeRV大分が阿蘇市役所へ要請の物資を提供
  • 4月18日 SeRV本部から熊本支部へ物資提供
  • 4月19日 平成28年熊本地震被災地支援のため義援金、ボランティア活動支援金、SeRV運営費等に真如苑として1億5千万円の支援を決定
  • 4月19日 SeRV福岡が熊本支部へ物資提供
  • 4月20日 真如苑青年会が災害支援への募金活動を開始
  • 4月20日 SeRV福岡が熊本支部へ物資提供
  • 4月20日 SeRV北九州が大分支部へ物資移動
  • 4月20日 SeRV大分が由布市役所庁舎へ物資提供
  • 4月21日 熊本支部の避難者に炊き出しを実施
  • 4月21日 SeRV鹿児島が熊本支部へ物資提供
  • 4月21〜25日 SeRV福岡が九州本部・福岡支部にて信徒より寄せられた物資を大分支部へ提供
  • 4月24日 熊本支部の避難者に炊き出しを実施
  • 4月24日 SeRV北九州・SeRV大分が信徒から寄せられた物資を阿蘇市中通小学校体育館へ提供
  • 4月25日 SeRV鹿児島が熊本支部へ物資提供
  • 4月26日 SeRV北九州・SeRV大分が阿蘇市黑川の坊中公⺠館清掃活動に参加
  • 4月27日 SeRV大分が阿蘇市黑川の坊中公⺠館清掃活動に参加
  • 4月27日 SeRV鹿児島が熊本市の熊本市災害ボランティアセンターで炊き出し
  • 4月29日 SeRV宮崎が信徒から寄せられた物資と支部内の畑で収穫したそらまめを寄せ書きとともに熊本支部へ提供
  • 4月29日〜
    5月1日
    SeRV京都が京都社会福祉協議会主催のボランティアバスに活動参加
  • 4月29日~
    6月18日
    東区サテライトの運営、サテライトから被災地への出動
  • 4月30日 熊本支部に、熊本市社会福祉協議会・東区サテライト(中継地点)を設置
  • 4月30日 SeRV大分が東区サテライトへ物資提供
  • 5月1日 SeRV鹿児島・SeRV宮崎が東区サテライトで炊き出し及び被災宅の片付け・清掃に参加
  • 5月4日 真如苑職員が大分県庁を訪問し義援金・寄付金3千万円をお届け
  • 5月6日 真如苑苑主が被災地に赴き、熊本県庁に7千万円、熊本市役所へ3千万円の義援金・寄付金等をお届け、熊本市社会福祉協議会に50万円の支援金をお届け
  • 5月6日 SeRV鹿児島が東区サテライトで運営サポートと炊き出し
  • 5月9日 宮崎支部にて「熊本地震復興支援バザー」開催
  • 5月16日 SeRV鹿児島、SeRV久留米、SeRV熊本が合同で益城町広安小学校で炊き出し
  • 5月27日 SeRV久留米が南阿蘇村で農業ボランティア
  • 6月2日 SeRV福岡が南阿蘇村で農業ボランティア
  • 6月3日 SeRV⻑崎より軽トラック2台を⻄原村ボランティアセンターへ貸与
  • 6月6日 SeRV福岡が⻄原村で農業ボランティア
  • 6月6日 SeRV鹿児島が益城町広安小学校で炊き出しを実施
  • 6月8日 SeRV佐賀が現地を視察
  • 6月10日 SeRV福岡が⻄原村で農業ボランティア、避難所清掃
  • 6月19日 SeRV福岡が⻄原村でポスティング、各施設の清掃、避難所でのカフェ開催補助
  • 6月27日 SeRV鹿児島、SeRV大分が合同で益城町広安小学校と広安⻄小学校の2か所の避難所で炊き出し
  • 6月28日 熊本支部に設置の「東区サテライト」が役目を終えて終了
  • 7月17日 SeRV鹿児島が⻄原村農業ボランティア
  • 7月30日 SeRV鹿児島が⻄原村農業ボランティアとミニ炊き出し
  • 8月28日 SeRV佐賀が西原村農業ボランティア
  • 12月17日 SeRV鹿児島が熊本市南区仮設住宅で足湯とお茶っこサロンを実施これより1年間、2017年12月まで毎月継続
ページの先頭へ戻る