伊豆大島 福祉まつり・被災地スタディツアーに参加

SeRVは11月1日、伊豆大島の様々な福祉施設やその関係者が集まる「第36回 福祉まつり」に参加しました。
ボランティアセンターの呼び掛けにより、昨年の土砂災害における災害救援で連携した島外のボランティア団体から32名がスタッフとして参加。まつりには浪江やきそばや物産展の模擬店が立ち、SeRVは販売や会場のゴミ捨て等の清掃をしました。当日は約1,200名が来場。
翌日2日は島外ボランティア参加者を対象に「被災地スタディツアー」が実施されました。
昨年の土砂災害の被害に遭った元町を散策。その後、特に被害が大きかった神達地区に立つ「ホテル 椿園」では女将が現地であらためて被災状況を説明してくだいました。

20141102.jpg

活動データ

活動期間 2014年11月1日~2日
ボランティア人数 1人
出動地・支部 東京都伊豆大島
活動内容 まつりでの販売、会場の清掃

関東での活動

もっと見る


ページの先頭へ戻る