広島市北部 土砂災害

SeRV広島、SeRV福山

SeRV広島は、8月19日に広島市で発生した土砂災害により設置された「広島市災害ボランティア本部」の招集で、活動内容などを決める調整会議に参加。同本部へ常時1~3名が出動し、SeRV福山からも協力を仰ぎ運営を支援しました。

9月からは特に被害の大きい安佐南区で、土砂掻き等の清掃活動にも参加。ボランティア本部へ出動後、現地へ移動して清掃活動に合流するケースもありました。


雨天により土砂崩れが発生する危険がある為、中止を余儀なくされた事が度々あり、10月26日が最後の活動になりました。
11月2日をもってボランティア本部の受付が終了しましたが、現地はまだ復興したとは言えない状況ですので、今後も社会福祉協議会の要請に応じて出動に備えます。

20140920.jpg

活動データ

活動期間 2014年8月23日~10月26日の21日間 (ボランティア本部常駐)、9月2日~10月26日の8日間 (土砂掻き等の清掃活動)
ボランティア人数 のべ93人 (ボランティア本部常駐のべ29人、土砂掻き等清掃活動のべ64人)
出動地・支部 広島県広島市中区 (旧ボランティア本部)、安佐南区 (ボランティア本部、土砂掻き等清掃) SeRV広島、SeRV福山
活動内容 ボランティア本部運営支援、土砂掻き等清掃活動

中国での活動

もっと見る


ページの先頭へ戻る