救援活動のための図上訓練に参加

SeRV静岡・浜松

SeRV静岡、SeRV浜松は3月7日から2日間、第10回「静岡県内外の災害ボランティアによる救援活動のための図上訓練」に参加しました。静岡県ボランティア協会が主催のこの企画は、災害時の助け合いを展開していく上で必要な、資源や方法を参加した各団体が考える「ワークショップ型図上訓練」を通して、学習と共に交流を深める事が目的です。
今回は県内外からNPOや企業、学識者など諸団体約300名が集まり、駿河トラフ・南海トラフ沿いで発生する地震の被害想定や、自分達の住む市や町に設置される災害ボランティアセンターについて調べる取り組みをしました。
(下記、資料を参照)

・参考資料:
1) 静岡県第4次地震被害想定
http://www.pref.shizuoka.jp/bousai/4higaisoutei/index.html

2) 静岡県地域防災計画
http://www.pref.shizuoka.jp/bousai/seisaku/keikaku.html

20150307.png

活動データ

活動期間 2015年3月7日~8日
ボランティア人数 7名
出動地・支部 静岡県静岡市 静岡市民文化会館 SeRV静岡・浜松
活動内容 図上訓練の参加

中部での活動

もっと見る


ページの先頭へ戻る