東日本大震災 山形で保養プログラム実施

SeRV山形

SeRV山形は2月21日、NPO法人シャローム災害支援センターが企画した玉庭ふるさと総合センター「おもいで館」(山形県川西町)での保養プログラムに、昨年に引き続きボランティアとして参加しました。
今回は福島の子どもたちが積もった雪を掘ってかまくらを作ったり、雪の坂道をそりで滑ったりして、外遊びを満喫しました。
地元の伝統行事でもある「ヤハハイロ」(松明を燃やした火祭り)を行った後、もちつきを行いました。

ついた餅は子どもたちと一緒に、楽しくいただきました。

20150221.JPG

活動データ

活動期間 2015年2月21日
ボランティア人数 3名
出動地・支部 山形県川西町 「おもいで館」 SeRV山形
活動内容 保養プログラムでの準備、片付け等

東北での活動

もっと見る


ページの先頭へ戻る