宮城県北部地震

7月27日に矢本町と南郷町に救援物資を届けるところから活動を開始。
地震により崩れた瓦礫の撤去や家屋の片づけなどを行いました。

家屋の災害保険の認定を受ける前に原形を変えてしまうと保険がでない、ということがありますが、認定が終わると要請が寄せられました。余震が続くなかでの活動となるため、「ボランティアの心構え」として要点をまとめたものをお渡しして意思統一をはかる工夫をしました。

活動データ

活動期間 H15.7.27~8.3
ボランティア人数 約135人(延べ)
出動地・支部 宮城県矢本町・南郷町

東北での活動

もっと見る


ページの先頭へ戻る